latest

アニメーターの離職率は9割に。 ブラックを通り越してほぼ奴隷制

「アニメーターだけじゃ食っていけない」3年離職率が9割、厳しいアニメ制作現場で働き方改革に挑む人々 | ニコニコニュース 



アニメーター 離職率 アニメに関連した画像-02


記事によると
「日本動画協会」の調査によるれば、日本のアニメ産業の売り上げは2016年に2兆円を突破した。この4月クールも70作品が新たに公開されるなど、勢いはとどまることを知らない。その一方で、アニメの制作現場は"ブラック"だというイメージが定着して久しく、低賃金や離職率の高さも指摘され続けてきた。

■「アニメーターだけじゃ食っていけない」…若手のための寮も

杉並区にあるアニメーター向けの寮を訪ねた。
ある寮生は「動画を下積みで2、3年やった後に原画になるが、内容は全く違うので、空いた時間に絵を描いて原画マンになるための準備をすることが必要。アルバイトばかりしていると原画マンになったときにキツい。だけど最初の給料は1万円とか。アニメーターだけじゃ食っていけない」と話す。


新人アニメーターも「1枚描いたら大体200円なので、500枚で10万円の計算。ただ、これは速く描ける人、効率よく描ける人が到達できるラインで、新人だと100枚描けるかどうか。場合によっては"研修"という名目で、給料ゼロがずっと続く場合もあると話す。

アニメーター支援機構によれば、彼らの年収は20代前半の原画マンが平均282万円、動画マンが平均111万円となっている(2013年調べ)。過酷な現場であることもあいまって、3年での離職率は9割に達している。


 全文はこちらから